生活やビジネスに必要なもの

レーシック手術を少しでも多くの人に伝えたい。視力0.1の人が1.0になっったらいいですね。それが、レーシック手術で可能になるとしたら!

イントラレーシック・エピレーシック・ウェーブフロントレーシック

イントラレーシックと一般的なレーシックの違いは、フラップ(角膜に作るフタ)の作成方法にある。通常のレーシックは、マイクロケラトームという電動カンナのような装置でフラップを作成する。

イントラレーシックは、アメリカINTRALASE社製イントラレースFSレーザーを用いて、コンピュータ制御によってフラップを精密に作成する。これにより、一段と安全で正確にフラップを作成することが可能である。

通常のレーシックにおいても、マイクロケラトームにより精巧なフラップを作成することは可能とされているが、カンナ部分の往復運動により、フラップの断面が若干でこぼこしたり、ヒンジ(フラップのつなぎ目)の部分が斜めになるため、まれにシワの原因となることがある。

一方、イントラレーシックは、コンピュータ制御によりフラップを作成するので、断面もヒンジの部分も非常に綺麗な仕上がりが期待できるといわれている。

さらにイントラレーシックは、従来のレーシックにくらべてよりフラップをうすく正確に作成することが可能であるので、その分角膜実質層を削りとれる量が増え、通常のレーシックよりも強度の近視を矯正することが可能となる。

ラセック (LASEK) とは、 アルコールを使用して角膜上皮のみの薄い蓋(フラップ)を作成し、エキシマレーザーを照射し、視力を回復する屈折矯正手術の術式の一つである。

1999年にイタリア人医師Camellinによって考案された。角膜上皮のみのフラップは数日で再生する。そのため、通常のレーシックと異なり、強い眼の衝撃でもフラップがずれることはない。

PRKやエピレーシック(EPI-LASIK)などと同様に表面照射という術式に分類される。他の表面照射の屈折矯正手術と同様にボーマン膜をレーザーで除去し、角膜実質層を削ることで視力を回復する。

ウェーブフロント (Wavefront) とは、視力矯正手術のひとつであるウェーブフロントレーシックにおいて利用される、角膜や水晶体の収差を解析する手法である。

ウェーブフロントアナライザといわれる解析装置でデータを測定および分析する。 ウェーブフロントレーシックでは、近視や遠視・乱視などについて総合的に角膜形状解析を行ったデータをもとに、ウェーブフロントアナライザがガイドしてレーシック手術を行う。

角膜の形状異常に対しガイドのない従来のレーシックに比し、角膜高次収差に対して解析をおこなっているウェーブフロントレーシックの方が乱視の矯正については理論上有利である。

ただし全ての症例に有効なわけではなく、円錐角膜などの角膜形状異常には適応外である。 またハードコンタクトレンズでの乱視矯正には遙かに劣り、乱視の種類によっては乱視用眼鏡の矯正にすら劣る症例がある。

エキシマレーザー(Excimer Laser)とは 希ガスやハロゲンなどの混合ガスを用いてレーザー光を発生させる装置である。

元々は工業用として利用されていたが、最近ではレーシックなどの視力矯正手術においても利用されている。

希ガスはアルゴン、クリプトン、キセノンが、ハロゲンはフッ素、塩素が一般に使用される。混合ガス中でのパルス放電によって生成する励起状態希ガス原子とハロゲン原子によって形成されるエキシマからの放射光によってパルス発振する。

代表的なエキシマレーザーの発振波長は以下のとおりである。 ArF - 193 nm KrF - 248 nm XeCl - 308 nm XeF - 353 nm
wikipedia
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。