生活やビジネスに必要なもの

レーシック手術を少しでも多くの人に伝えたい。視力0.1の人が1.0になっったらいいですね。それが、レーシック手術で可能になるとしたら!

遠視はレーシックで治す

遠視とは、遠くは見えるのに、近くがぼやけて見えてしまう状態を言います。通常、目に入った光は入り口(角膜や水晶体)で屈折し、網膜で一つに結ばれます。

遠視とは、網膜より奥で光が結ばれてしまっている状態なのです。そのため、眼鏡やコンタクトレンズによって屈折率を変化させる視力矯正法が普及しました。

しかし、それらの器具では、日常生活に支障が出る場合が多々あり、コストの負担も大きくなります。



乱視はレーシックで治る

乱視になると、像がぼやけたり、二重三重に見えたりします。
通常、目に入った光は入り口(角膜や水晶体)で屈折し、網膜で一つに結ばれます。
乱視になる場合は、屈折率が異なる部分が存在し、ピントがずれてしまう。正確に言うと、ピントが複数に分かれてしまうため、幾つかの像が見えてしまうのです。
最近では、乱視用のコンタクトレンズも普及し、眼鏡とあわせ、何とか日常生活をおくることが出来るようになりました。
しかし、それらの器具は「装着」するものであるため、付けたままで生活することが出来ません。
これが日常生活の様々な場面で支障をきたし、また面倒なケアを必要とします。
それに、コスト面でも、使う期間が長ければ長いほど負担が大きくなります。



レーシック手術まだ受けないで!

近視矯正手術のレーシック

レーザーで近視を矯正する「レーシック」手術だ。レーザーで角膜を削り、視力を回復させる手術のことで、日本でも徐々に普及してきつつある。手術自体は10 分間程度で済み、痛みも少ないことなどから、眼鏡からの解放を夢見て手術を検討する人が今後も増えそうだ、ただ、 ...
http://waga.nikkei.co.jp/health/health.aspx?i=20070806f1000f1

すべての近視の人がこの手術を受けられるとは限らない。また、最近レーシック手術を行っている
クリニックが多く見られる。そしてこのレーシック手術は健康保険対象外なので手術料金などクリニック
でまちまちです。クリニックによっては事前説明会があったり、相談会があったりしますので慎重に比較
検討してください。有名だからと言ってそれだけでは決めないで下さい。


レーシック手術の利点と欠点
レーシック手術の利点
眼鏡やコンタクトレンズを使用する必要がなくなる。スポーツ選手の術例が多いのはこのためである。また就業にある程度の裸眼視力が必要な警察官・電車の運転手等も就職前に受けているケースがある。
手術をしても入院をする必要性がなく、短時間で済む。
生命保険などが適用されれば、手術費用がほぼ無料になるケースがある。
比較的に、成功率の高い手術である。(ただし、1%以下でも失敗のリスクはある)

レーシック手術の欠点
低いとはいえ、他の手術同様、失敗、術後合併症等のリスクがゼロではない。
希望する全員が受けられる手術ではない。
(角膜厚が足りない、合併症がある等で適応できない人がいる。)
まだ歴史が浅いため、長期に渡る安全性が確立されていない。
コントラスト感度が低下することがある。
術後一過性にハロ・グレアが出現する。
ドライアイになることがある。
眼圧が術後実際の値よりも過小評価される(手術前よりも低下する)ため、眼圧検査時はレーシックを受けたことを申告する必要がある。
裸眼視力(眼鏡やコンタクトレンズを使用しないときの視力)はほぼ間違いなく向上するが、矯正視力(眼鏡やコンタクトレンズを使用したときの視力)はかえって低下することがある。
角膜を削り過ぎると遠視になり、これを再度修正することは困難である。
角膜中心部の曲率しか変わらないので、夜間瞳孔が開くと角膜周辺部の術前と変わらぬ曲率をもつ部分を通った光線が網膜に到達するようになり、二重像を生じることがある。
近視の進行する10代などの若いうちは手術が受けられない(ただし18歳以降なら可能)。
航空身体検査基準に不適合となる(日本の航空各社の場合パイロットになれない)。
白内障手術の際、眼内レンズの度数ずれをおこすことがある。by wikipedia

メガネやコンタクトから開放裸眼での生活が「レーシック手術」

私と妻との会話

「視力0.1から1.0へなれるとしたらどう?」と私。

妻「そんなのあるの?」

私「それがあるんだ。ところで、タイガーウッズ知っているか?」

妻「私も以前ゴルフしていたから知ってる」

私「そのタイガーウッズが目の手術(レーシック手術)
して、(カップがバケツの口みたいに見えた)
と言ったことでこの手術が有名になったんだ」

妻「高いんでしょ?」

私「そこそこ掛かるなあ、でも確か医療保険出るんだよなあ」
「両目だから、2回の手術と言うことで○○万円は出るかなあ」

妻「と言うことは○○万円の負担で手術受けることが出来るんだあ」
 「でも、やっぱり手術受けない」

私「どうして?」

妻「やっぱり怖いし、手術失敗したら失明? やっぱり怖い」

先日、夫婦でこんな会話を持ちました。


保険対象となるかならないかは、
ご加入の保険会社へお問合せ下さい。


考えてみてください。


裸眼での生活を思い描いてください。


朝、起きると、普段とは違った景色が突然目に飛び込んでくる。

朝食。

ご飯、お味噌汁も、あ、湯気まで見える
おいしそうだ。食べてみる。おいしい。

歯磨きをしに鏡の前に立った。
あ、自分の顔がはっきり見える。自然に笑みが
化粧もしやすい。

楽しくてしょうがない。


車に乗っていつものように仕事先へ。
あ、遠くの看板が見える。
町がカラフルに見える。
(違う世界に来てるみたい)

会社では、みんなに、じろじろ見られる。
こんな人いたかなあ、でも美人だなあ

夕方、片思いの相手から食事に誘われた。

目が見えるっていいですね。

生活に張りができ、前向きに!


まずは説明会に行って見ましょう。
自分でネットだけではわからないこと多いと思います。

まずは、ご自身で確認を。



目の訓練をしました!

娘が弱視でアイパッチをして、
目の矯正を日課にしている。

視力のいいほうの目をふさいで、
弱視の目をよくするためのものだ。

今日に限って

アイパッチをすごく嫌がった。

お願いしても、やさしくしても
はたまた
怒ってもアイパッチしてくれなかった。

あ!と気がついた。

「お父さんも、右目をふさぐから!」

で、やっとアイパッチしてくれた。

車を運転する以外、右目をつぶった。

なかなか大変である。

これが

相手(お客)の身になって!ってことか!

と娘に教えられた。

目がよくなった欲しい!


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。