生活やビジネスに必要なもの

レーシック手術を少しでも多くの人に伝えたい。視力0.1の人が1.0になっったらいいですね。それが、レーシック手術で可能になるとしたら!

自分だけの良医とは

病気にかかれば医師に診てもらいますが、
医師によって持っている能力や個性などが異なります。

たとえ腕の良い医師であっても、
治療方法について詳しく説明されないなど、
患者とのコミュニケーション不足があれば、患者は不安になるでしょう。

とはいえ、一般的に良医と言われている医師の場合、
正確な診断を下すために患者から生の症状について聞き出そうとするため、
患者とのコミュニケーションはしっかり行う傾向があります。

もちろん、ただ症状について聞くだけでなく、
症状や検査結果から自分の知識と照らし合わせて病名を推察する診断力が必要となりますし、
手術を行う場合は手先の器用さや経験なども治療結果に大きな影響を及ぼすでしょう。

とはいえ、患者は医師の細かい能力までを実際に把握することは難しいでしょう。

しかし、医師が患者本位の心構えを持っているかどうかということは、
医師と対面した時に分かる部分もあります。

たとえば、医師が患者の目を見ないで話をしたり、
パソコンの画面を見ながら話しているときなどは注意が必要です。

病気は一度だけでなく、年齢を重ねるごとに何度もかかる可能性があります。

そのため、信頼できる良医を見極めておくことは大切です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。