生活やビジネスに必要なもの

レーシック手術を少しでも多くの人に伝えたい。視力0.1の人が1.0になっったらいいですね。それが、レーシック手術で可能になるとしたら!

遠視はレーシックで治す

遠視とは、遠くは見えるのに、近くがぼやけて見えてしまう状態を言います。通常、目に入った光は入り口(角膜や水晶体)で屈折し、網膜で一つに結ばれます。

遠視とは、網膜より奥で光が結ばれてしまっている状態なのです。そのため、眼鏡やコンタクトレンズによって屈折率を変化させる視力矯正法が普及しました。

しかし、それらの器具では、日常生活に支障が出る場合が多々あり、コストの負担も大きくなります。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。