生活やビジネスに必要なもの

レーシック手術を少しでも多くの人に伝えたい。視力0.1の人が1.0になっったらいいですね。それが、レーシック手術で可能になるとしたら!

乱視はレーシックで治る

乱視になると、像がぼやけたり、二重三重に見えたりします。
通常、目に入った光は入り口(角膜や水晶体)で屈折し、網膜で一つに結ばれます。
乱視になる場合は、屈折率が異なる部分が存在し、ピントがずれてしまう。正確に言うと、ピントが複数に分かれてしまうため、幾つかの像が見えてしまうのです。
最近では、乱視用のコンタクトレンズも普及し、眼鏡とあわせ、何とか日常生活をおくることが出来るようになりました。
しかし、それらの器具は「装着」するものであるため、付けたままで生活することが出来ません。
これが日常生活の様々な場面で支障をきたし、また面倒なケアを必要とします。
それに、コスト面でも、使う期間が長ければ長いほど負担が大きくなります。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。