生活やビジネスに必要なもの

レーシック手術を少しでも多くの人に伝えたい。視力0.1の人が1.0になっったらいいですね。それが、レーシック手術で可能になるとしたら!

メガネやコンタクトから開放裸眼での生活が「レーシック手術」

私と妻との会話

「視力0.1から1.0へなれるとしたらどう?」と私。

妻「そんなのあるの?」

私「それがあるんだ。ところで、タイガーウッズ知っているか?」

妻「私も以前ゴルフしていたから知ってる」

私「そのタイガーウッズが目の手術(レーシック手術)
して、(カップがバケツの口みたいに見えた)
と言ったことでこの手術が有名になったんだ」

妻「高いんでしょ?」

私「そこそこ掛かるなあ、でも確か医療保険出るんだよなあ」
「両目だから、2回の手術と言うことで○○万円は出るかなあ」

妻「と言うことは○○万円の負担で手術受けることが出来るんだあ」
 「でも、やっぱり手術受けない」

私「どうして?」

妻「やっぱり怖いし、手術失敗したら失明? やっぱり怖い」

先日、夫婦でこんな会話を持ちました。


保険対象となるかならないかは、
ご加入の保険会社へお問合せ下さい。


考えてみてください。


裸眼での生活を思い描いてください。


朝、起きると、普段とは違った景色が突然目に飛び込んでくる。

朝食。

ご飯、お味噌汁も、あ、湯気まで見える
おいしそうだ。食べてみる。おいしい。

歯磨きをしに鏡の前に立った。
あ、自分の顔がはっきり見える。自然に笑みが
化粧もしやすい。

楽しくてしょうがない。


車に乗っていつものように仕事先へ。
あ、遠くの看板が見える。
町がカラフルに見える。
(違う世界に来てるみたい)

会社では、みんなに、じろじろ見られる。
こんな人いたかなあ、でも美人だなあ

夕方、片思いの相手から食事に誘われた。

目が見えるっていいですね。

生活に張りができ、前向きに!


まずは説明会に行って見ましょう。
自分でネットだけではわからないこと多いと思います。

まずは、ご自身で確認を。