生活やビジネスに必要なもの

レーシック手術を少しでも多くの人に伝えたい。視力0.1の人が1.0になっったらいいですね。それが、レーシック手術で可能になるとしたら!

レーシックとは

レーシック(LASIK:Laser in Situ Keratomileusis)は、角膜屈折矯正手術の一種で目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射し、角膜の曲率を変えることにより視力を矯正する手術。

マイクロケラトームとよばれるカンナのような機械で角膜の表面を薄く削りフラップ(ふた状のもの)を作り、めくる。そこにエキシマレーザーを照射し、角膜の一部を蒸散する。その後フラップを元の位置に戻し、フラップが自然に接着するまで(約2〜3分)待つ。

角膜中央部が薄くなるため、角膜の曲率が下がり(凹レンズを用いたのと同じ効果)、近視が矯正される。また、検眼のデータをもとにレーザー照射を調節することで乱視も矯正可能である。

マイクロケラトームの代わりにレーザー(イントラレーザー)によってフラップを形成する術式もある。

レーシックの利点・欠点
レーシックの利点

眼鏡やコンタクトレンズを使用する必要がなくなる。スポーツ選手の術例が多いのはこのためである。
手術をしても入院をする必要性がなく、短時間で済む。
生命保険などが適用されれば、手術費用がほぼ無料になるケースがある。
比較的に、成功率の高い手術である。(ただし、1%以下でも失敗のリスクはある)

レーシックの欠点

低いとはいえ、他の手術同様、失敗、術後合併症等のリスクがゼロではない。 希望する全員が受けられる手術ではない。(角膜厚が足りない、合併症がある等で適応できない人がいる。)

まだ歴史が浅いため、長期に渡る安全性が確立されていない。
コントラスト感度が低下することがある。
術後一過性にハロ・グレアが出現する。
ドライアイになることがある。
眼圧が手術前よりも低下するため、眼圧検査時はレーシックを受けたことを申告する必要がある。

裸眼視力(眼鏡やコンタクトレンズを使用しないときの視力)はほぼ間違いなく向上するが、矯正視力(眼鏡やコンタクトレンズを使用したときの視力)はかえって低下することがある。

角膜を削り過ぎると遠視になり、これを再度修正することは困難である。 角膜中心部の曲率しか変わらないので、夜間瞳孔が開くと角膜周辺部の術前と変わらぬ曲率をもつ部分を通った光線が網膜に到達するようになり、二重像を生じることがある。

近視の進行する10代などの若いうちは手術が受けられない。
レーシック自体の欠点とはいえないが、老眼になることは避けられないので、一生に渡って眼鏡が不要になるわけではない。

また正視の人と同様、近視の人よりも老眼の自覚症状が強くなる。 航空身体検査基準に不適合となる(パイロットになれない)
白内障手術の際、眼内レンズの度数ずれをおこすことがある

wikipedia

眼科医、中でもレーシックを専門に扱う医師は、経営的感覚も持たないと続けられないと。
なぜなら、レーシックは医療の中でも健康保険対象外、つまり、自由診療だからです。
レーザーを駆使しながら、削ることで、視力を回復させる。一種の技術畑となる。

イントラレーシック・エピレーシック・ウェーブフロントレーシック

イントラレーシックと一般的なレーシックの違いは、フラップ(角膜に作るフタ)の作成方法にある。通常のレーシックは、マイクロケラトームという電動カンナのような装置でフラップを作成する。

イントラレーシックは、アメリカINTRALASE社製イントラレースFSレーザーを用いて、コンピュータ制御によってフラップを精密に作成する。これにより、一段と安全で正確にフラップを作成することが可能である。

通常のレーシックにおいても、マイクロケラトームにより精巧なフラップを作成することは可能とされているが、カンナ部分の往復運動により、フラップの断面が若干でこぼこしたり、ヒンジ(フラップのつなぎ目)の部分が斜めになるため、まれにシワの原因となることがある。

一方、イントラレーシックは、コンピュータ制御によりフラップを作成するので、断面もヒンジの部分も非常に綺麗な仕上がりが期待できるといわれている。

さらにイントラレーシックは、従来のレーシックにくらべてよりフラップをうすく正確に作成することが可能であるので、その分角膜実質層を削りとれる量が増え、通常のレーシックよりも強度の近視を矯正することが可能となる。

ラセック (LASEK) とは、 アルコールを使用して角膜上皮のみの薄い蓋(フラップ)を作成し、エキシマレーザーを照射し、視力を回復する屈折矯正手術の術式の一つである。

1999年にイタリア人医師Camellinによって考案された。角膜上皮のみのフラップは数日で再生する。そのため、通常のレーシックと異なり、強い眼の衝撃でもフラップがずれることはない。

PRKやエピレーシック(EPI-LASIK)などと同様に表面照射という術式に分類される。他の表面照射の屈折矯正手術と同様にボーマン膜をレーザーで除去し、角膜実質層を削ることで視力を回復する。

ウェーブフロント (Wavefront) とは、視力矯正手術のひとつであるウェーブフロントレーシックにおいて利用される、角膜や水晶体の収差を解析する手法である。

ウェーブフロントアナライザといわれる解析装置でデータを測定および分析する。 ウェーブフロントレーシックでは、近視や遠視・乱視などについて総合的に角膜形状解析を行ったデータをもとに、ウェーブフロントアナライザがガイドしてレーシック手術を行う。

角膜の形状異常に対しガイドのない従来のレーシックに比し、角膜高次収差に対して解析をおこなっているウェーブフロントレーシックの方が乱視の矯正については理論上有利である。

ただし全ての症例に有効なわけではなく、円錐角膜などの角膜形状異常には適応外である。 またハードコンタクトレンズでの乱視矯正には遙かに劣り、乱視の種類によっては乱視用眼鏡の矯正にすら劣る症例がある。

エキシマレーザー(Excimer Laser)とは 希ガスやハロゲンなどの混合ガスを用いてレーザー光を発生させる装置である。

元々は工業用として利用されていたが、最近ではレーシックなどの視力矯正手術においても利用されている。

希ガスはアルゴン、クリプトン、キセノンが、ハロゲンはフッ素、塩素が一般に使用される。混合ガス中でのパルス放電によって生成する励起状態希ガス原子とハロゲン原子によって形成されるエキシマからの放射光によってパルス発振する。

代表的なエキシマレーザーの発振波長は以下のとおりである。 ArF - 193 nm KrF - 248 nm XeCl - 308 nm XeF - 353 nm
wikipedia

エピレーシックとは

エピレーシック (EPI-LASIK) とは、エピケラトームと呼ばれる器機を使用して約50マイクロメートルの角膜上皮のみの薄い蓋(フラップ)を作成し、エキシマレーザーを照射することによって近視・遠視・乱視を矯正するレーシックの術式の1つである。

フラップはやがて剥がれ落ち、新しい角膜上皮が再生する。そのため、通常のレーシックと異なり、強い眼の衝撃でもフラップがずれることはない。PRKやLASEKなどと同様に表面照射という術式に分類される。他の表面照射の屈折矯正手術と同様にボーマン膜をレーザーで除去し、角膜実質層を削ることで視力を回復する。

エピレーシックの利点・欠点について
エピレーシックの利点・欠点
通常のレーシックと異なり、目に対する強い打撃や衝撃でもフラップがずれたりすることがない。 PRKよりも視力の回復や安定が早いといわれている。

フラップを作成するのにアルコールなどの薬品を使用しない為、それに伴う正確性の低下・角膜への負担などのリスクの心配が少ない

エピレーシックの欠点術後痛みがあるため、3日から7日程度保護用のコンタクトレンズを着用する必要がある。 表面照射に分類される術式であるため、通常のレーシックに比べ、角膜混濁(ヘイズ)が起こる可能性が少なくない。

エキシマレーザーを照射する手術なので、ハロ・グレアの出現、コントラストが低下するなどの症状はレーシックと同様に出る可能性がある。 wikipedia
wikipedia

遠視はレーシックで治す

遠視とは、遠くは見えるのに、近くがぼやけて見えてしまう状態を言います。通常、目に入った光は入り口(角膜や水晶体)で屈折し、網膜で一つに結ばれます。

遠視とは、網膜より奥で光が結ばれてしまっている状態なのです。そのため、眼鏡やコンタクトレンズによって屈折率を変化させる視力矯正法が普及しました。

しかし、それらの器具では、日常生活に支障が出る場合が多々あり、コストの負担も大きくなります。



感染病が流布したら

感染病が流行ってしまったら、仕事はストップするのか?
会社に出勤して仕事をこなすような環境だと難しい。
会社に出勤しなくて、自宅等でネットを介して仕事をできる状態にすることが必要。
その場合、どのような管理体制が敷かれるのかが最重要となる。
が、今では、従業員管理もできるソフトが出てると聞いたことがある。
今、思い出した。それは小説の中でした。

従業員管理ができれば、ネットを介して仕事ができる。

イントラネットの技術を利用すると、出来るのではと考える。
今ネットの世界はすごい勢いでツールが生まれている。
無料で使えるものもたくさんあり、便利に使わせてもらっている。

テレビ電話会議がネット環境さえあれば、地球のどこにいようともできるのがすごい。
| 病気
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。